自動車保険にまつわるトラブル事例

自動車保険にまつわるトラブル事例

 あなたの保険は大丈夫? 自動車保険のトラブルとは? 

自動車保険にまつわるトラブル事例

交通事故が万が一起きた場合の強い味方、それが任意自動車保険です。

 

相手を死亡させたりケガさせたり、あるいは相手車両や建物を破壊してしまった場合など、補償のためのお金は相当な額になることが考えられます。

 

場合によっては、とても自力で払うことなどできないケースがあります。

 

そういう場合に自動車保険に入っていれば経済的なリスクを一気に減少できるのですが、トラブルが時々起きてしまうのも事実です。例えば同じ人身事故でも、もし加害者が酒飲み運転をしていたとか、無免許で乗っていた、麻薬を使用していたための事故など、通常の状況に当てはまらないような事故であれば保険会社は通常時のようには支払いに応じません。その適用範囲が限られてしまうのです。

 

しかしこうした極端なケースではなくてもトラブルが生じることもあります。ここでは、自動車保険にまつわるトラブル事例を一つご紹介します。

 

 トラブル事例 

自分には非がないものの、自然災害による事故だと補償の支払いがなされないというケースがあります。

 

地震や台風や津波など日本ではいつ起きてもおかしくない災害系の破損があっても、条件によって補償されない事があるのです。またレアのケースにはなりますが、戦争やテロなどで問題が起きてもやはり補償対象外となります。

 

例えばソニー損害保険では、洪水や大雪、雹、落雷、高潮などでは車両保険に入っていれば補償がされますが、地震や噴火、津波では補償されません。これは一度に大きな損害を発生させる可能性があって、保険料設定が難しいからです。簡単に言えば破壊規模が大きい災害の場合は、車両保険に入っていても補償してもらえないのです。

 

このようなケースは実際に起こりました。東日本大震災の時は多くの車両にこのトラブルが発生したのです。ちなみにこうした自然災害による全損被害が起きた場合に、一時金を受け取れる特約を扱っている保険会社もあります。災害が特に心配される地域に住んでいる人はそうした特約に入っておくのも手です。

 

契約内容はよく確認しよう 

最近はダイレクト自動車保険と呼ばれる、代理店型よりも安い保険サービスが多くなってきました。直接通販で契約できるタイプの保険ですが、このタイプの保険は実はクーリングオフが適用可能です。補償内容に不安がある場合など、証券を受け取ってからでも8日以内の解約ができるので、万が一の場合は活用しましょう。

 

またもし支払いトラブルなどがあれば、「そんぽADRセンター」に相談もできます。ここに苦情を言ったり、問題解決のための手続き処理ができます。

 

とはいえこうしたトラブルに不必要にまきこまれないようにするにはやはりちゃんと契約前に確認することが大事です。保険に不慣れとか、難しいことは分からないという場合でも、自動車保険は人の命が関係する分野の保険です。

 

ですからある程度調査して自分が契約しようとしている自動車保険の内容を確認することが大事です。