自動車保険でつけておきたい特約

自動車保険でつけておきたい特約

自動車保険には様々な特約があり、保険会社によっても色々と特色のある特約が出てきているので、自分の環境に合っている特約をつけておくと良いと言えます。例えば、自分しかこの車を運転する人はいないという場合、運転者本人限定特約に入っておくと、かなり保険料を割り引いてもらえます。

 

ただし、もし友達に貸して友達が事故を起こしたり、家族が運転して事故を起こしても保険金の支払いはありません。

 

家族が運転するという場合には、二人暮らしの夫婦なら、運転者本人・配偶者限定特約に入ると良いですし、家族全員に適用したい場合には、運転者家族限定特約に入っておけば良いと言えます。

 

更に、保険料を安くする特約として、運転者の年齢を限定することが出来ます。

 

ある一定の年齢層の人ばかりが利用する車などがある場合には、
運転者年齢条件特約をつけておくと、保険料が安くなってよいと言えます。
さらに、保険料をとにかく安くしたいという場合には、医療保険金特約という特約を使用すると良いでしょう。

 

この特約は、入院したり、通院することになった時に、受け取る保険金の額が減ってしまいますが、その分保険料が安くなるという特約です。
あまり多くの保険金は必要ないなという場合や、保険金をあまり払いたくないという場合には便利な特約と言えるでしょう。
その他、弁護士特約は安いのに役に立つことが多いことから、つけておいた方が良いと言われています。

 

これは、何か事故があった時に、弁護士費用を出してくれる特約で、こちらに過失がない事故の場合には保険会社が介入してくれないことがあります。そういった時に、弁護士費用を出してくれるので、
簡単に裁判が行えるなどのメリットがあります。