一人暮らし向けの自動車保険

一人暮らし向けの自動車保険

一人暮らし向けの自動車保険とは?

一人暮らし向けの自動車保険

公共交通機関が発達している都市圏に住んでいる場合、車ではなくて電車やバスを利用するという人は少なくないでしょう。

 

しかしそうではない場所に住んでいる人にとって、車はやはり重宝します。

 

車があれば様々なロケーションにアクセスするのが容易になるので便利です。とはいえ頭を悩ませるのはやはり維持費です。

 

マイカーを持った場合は車検費用は当然ながら、保険料もバカになりません。年齢が若い人で等級も低く乗っている車がスポーツカーなどリスクが高い車種と見なされている場合は、けっこうな保険料がかかってしまいます。

 

負担が大きいと感じるのであれば、保険料の節約が課題になります。では一人暮らしの人の場合、どうすれば保険料節約が可能になるでしょうか?

 

一人暮らし・個人向けの自動車保険をご紹介します。

 

1日自動車保険のメリット

自動車保険会社の中には、1年契約のものだけでなく、1日単位で加入できる保険を提供しているところがあります。例えばあいおいニッセイ同和損保の「ワンデーサポーター」です。保険料は1日500円からととても安く(ベーシックプランの場合。車補償がつく1,500円のワイドプランもあり)、スマホでも24時間申し込めるという利便性の高いサービスです。このような低価格だと補償内容が心配になるかもしれませんが、補償内容は充実しています。

 

まず対人賠償保障ですが、相手の人的被害を無制限にカバーすることができます。また対物賠償責任についても無制限になるので、相手の車を壊したとかぶつかって破壊した電柱などの被害も保証できます。

 

相手の車の修理費が時価より高い場合にも対物超過修理費用特約がついているので安心です。さらに自損傷害保険も1,500万円分ついていますし、搭乗者傷害特約も1,000万円ついています。

 

またうれしいことに、搭乗者傷害の入通院、一時金特約もついています。ですから入院する際に必要な衣類や日用品もカバーしてもらえます。これに加えてロードアシスタントサービスもあるので24時間265日体制でロードサポートを受けられ、レッカー代などの補償もあります。

 

このタイプの自動車保険が一人暮らし・個人に良いのは、一人暮らしの場合だと車を運転する場面が少ないケースが多いことがその理由です。

 

その場合はマイカーを持つより、時々友人の車を借りるとか、久々に実家に帰った時に親の車を運転するくらいで十分と言うこともあるでしょう。そういう場合にその場その場で契約できる1日自動車保険はメリットがあるのです。保険料の支払いを最小限におさえたい人はこうした保険を選択してみてもいいでしょう。