自動車保険の支払い方法種類とそれぞれのメリット・デメリット

自動車保険の支払い方法種類とそれぞれのメリット・デメリット

自動車保険の支払い方法には、銀行振り込みと、現金払い、コンビニエンストア払い、クレジットカード払いなどがあります。銀行振り込みの場合には、振込用紙や振込先が送られてきたり、振込先を記したメールが来たりするので、それにしたがって銀行などで振込を行っていきます。

 

銀行振り込みのメリットとしては、銀行にお金を預けている場合には、お金を引き出してすぐに振込を行うことができるというメリットがあります。

 

さらに、実際の金額を自分で確認して支払うので、よくどれだけ支払ったのかを記憶することができ、ほかにもお得な保険がないかを見つける際に記憶が役立ってくれます。

 

銀行振り込みのデメリットとしては、期日までに振込を行わないと、契約が無効となってしまう点です。車両保険では、事故を起こしていない期間などによって等級といったものが決まっていますが、期日を過ぎても振込を行わない場合、その等級が無効になることもあるので、注意してください。

 

現金払いは、代理店自動車保険ではよく使われる手法で、現金をそのまま代理店まで持っていく形式です。
メリットは、はっきりとお金を直接支払うので、シンプルで良いという部分があります。

 

デメリットとしては、大金を持ち歩くことになるので、盗難される危険性が出てきます。
コンビニエンスストア払いは、コンビニの端末などで申し込みや振込の依頼を行う形式です。
どこにでもコンビニはあるので、簡単に支払いを行いたい場合には便利と言えるでしょう。

 

クレジットカード払いは、クレジットカード番号などを入力し、契約と同時に支払い方法も決定してしまえるというメリットがあります。
デメリットとしては、クレジットカードを持っている必要がある点や、クレジットカードの上限を超えていた場合には、面倒なことになる点などがあります。分割払いができる自動車保険も増えてきているので、分割で支払いたい場合などは、分割ができる自動車保険を選ぶと良いと言えるでしょう。