自動車保険の掛け金相場

自動車保険の掛け金相場

 自動車保険はだいたいどれくらいの掛け金が相場? 

自動車保険の掛け金相場

車を持つようになると毎月、毎年の維持費が家計に大きな負担としてのしかかってきます。

 

車検の費用はもちろん、保険料も加入条件によってはかなり高くなってしまいます。

 

保険料は年齢や車両情報、これまでの加入年数や事故の有無、どれくらいの補償をつけるかといった要素で安くも高くもなります。

 

保険料を少しでも安く抑えたいというのが多くの人の目標ですが、お得な保険料で契約するためにはまずは相場を知っておくことが重要です。というわけで自動車保険のだいたいの相場についてまとめてみたいと思います。

 

 年齢別で見る相場 

年齢は自動車保険料を設定する大きな要素です。日本では18歳になると免許の取得が可能になりますが、免許取り立てのドライバーは概して事故のリスクが高いです。経験も薄いというのが大きな理由ですが、若い上にスピードを出すとか無謀な運転をするといったイメージもつきものです。

 

ですから若ければ若いほどリスクに合わせた保険料金・掛け金が設定されやすいのです。もちろん補償内容の手厚さやどんな車に乗るかによっても影響されますが、一般的な相場を見てみましょう。

 

まずは若者にも人気のホンダのN-BOXですが、対人・対物・人身傷害を全て無制限にして、車両保険を一般にした場合、6等級の新規加入者であればだいたい年間保険料は36万円前後となります。車両保険なしであれば一気に下がって約16万円ほどです。続いて年齢を落ち着いてきた30代前半としてみると、さきほどの条件であれば保険料は5万円前後とかなり安くなってきます。車両保険なしなら3万円ちょっとです。40代となると45,000円ほどです(車両保険なしだと26,000円ほど)。

 

もちろんこれには等級の積み上げがからんできますが、こうしてみると年齢は保険料に大きな影響を与えることが明らかです。また10代の若い世代と30代世代では保険料がだいぶ下がりますが、30代から40代にかけてはさほど大きな変化はありませんでしたから、免許取りたての若者がリスクを高く見積もられている世代なのは事実です。

 

活用できる割引制度

保険料を安くするために割引制度を活用するのも賢い方法です。ゴールド免許を取得していれば10%〜20%ほど割り引かれたり、特定の安全装備をつけている車だと5%〜15%ほどの割引が適用されたりします。例えばイモビライザーがあれば盗難は難しくなるので車両保険から5%ひかれるとか、エアバックの数によって搭乗者傷害保険が15%ほど下がるといった感じです。

 

車の種類によってこうした割引があるので、自分の車にどんな割引が適用してもらえるかも確認しておきましょう。