自動車保険の適用範囲と補償範囲

自動車保険の適用範囲と補償範囲

 自動車保険はどこまで適用されるの? 

自動車保険の適用範囲と補償範囲

自動車保険には大きく分けて2種類あります。自賠責保険と任意保険です。

 

自賠責保険は強制保険とも呼ばれていて、法律で加入が義務付けられている保険です。

 

この保険は誰もが入りますが、運転をしていてもし誰かを傷つけたり死亡させたりする場合に保険料がおります。とはいっても対人賠償事故のみ適用されます。

 

つまり相手の車両を破壊してしまったとか、建物に突っ込んで破損させてしまった場合には補償がないということです。

 

さらに自賠責保険には補償金額に限度が設けられています。ですからもしこの強制保険だけにしか加入していない場合、起こしてしまった事故の規模が大きいケースでは補償しきれなくなるという問題が起きやすいです。

 

というわけで任意保険にも加入するのが一般的ですが、任意保険の適用範囲や補償金額の設定はどうなっているでしょうか?

 

 任意保険の適用範囲と補償金額 

任意保険で基本となるのは対人賠償保険と対物賠償保険です。対人賠償では、相手のケガの治療費や収入補償など、相手側の人的損失に対して支払われるものです。自賠責では足りない部分をまかなう事ができます。

 

こちらの保険料の計算ですが、被害者が受けた損失額をまず計算します。そしてその事故の過失割合を乗じて、自賠責保険で補償される額を引いて算出します。

 

例えば損失額が1,000万円、過失割合が5:5、自賠責の適用範囲が100万円だとします。そうすると「1,000万円×0.5(50%)−100」で400万円が支払額となります。

 

対物賠償相手の車や物の損害を支払うものです。自分の車には適用されないので注意が必要です。

 

対人対物補償ともに無制限補償にしておくというドライバーはたくさんいます。もし自分の車の破損を補償してほしいのなら車両保険を設定できます。車種によって保険料が大きく変わる場合がありますが、もし車をどこかにぶつけたなどの自損事故や当て逃げ被害に遭った時、修理のための費用を負担してもらえるのがこの保険の特徴です。

 

自分側の人的補償をしてほしい場合には、人身傷害保険をオプションとして入れるとよいです。これに加入すると自分だけでなく同乗していた人にも補償がされますし、乗車中だけでなく歩行中や自転車乗車中など自動車外においても適用されます。こちらは3,000万円くらいが十分とも言われていますが、無制限にかけることもできます。

 

他にも自動車保険には各社様々な特約をつけることができますが、補償内容の充実とともに保険料はあがっていきます。自分の望む補償内容で少しでも保険料を安くするにはどうしたらよいでしょうか?

 

役立つのは自動車保険一括見積もりサービスです。一括見積もりをすることで、複数の保険会社の保険料を概算で比較できます

 

そうすれば安い会社が分かり、保険料の節約になります。こうしたサイトを賢く使って家計の負担を減らして助けましょう。