自動車保険と免許証の色

自動車保険と免許証の色

自動車保険をより安くするには!?

自動車保険と免許証の色

車を運転する人ならだれでも、少しでもいいから自動車保険の保険料を引き下げたいと思っていることでしょう。

 

車の保険料を下げる、あるいは上がってしまう要因は様々ですが、保険会社の中には色々な割引特典をつけているところがあります。

 

そのうちの一つが免許の色による割引です。

 

免許証の色には3種類があります。「ゴールド」と「ブルー」と「グリーン」です。グリーンは最初に免許を取った時の色です。そしてこのグリーン免許を最初に更新するとブルー免許になります。その後順調にいくとゴールド免許となります。

 

ゴールド免許と聞くと誰もが想像する通り、これは「免許の有効期間が満了する日より前の5年間、無事故無違反だった優良運転者」に送られる免許です。早い話が事故を起こしにくいドライバーに贈られる免許ということです。ゴールドはその後の事故の有無によってまた色が変更しますが、更新まではゴールドです。

 

ここまでで予想がついたと思いますが、この3種類の免許のうち、ゴールド免許を持っている人は、リスクが低い顧客ということで保険料が優遇されます。その割引率は会社によって異なりますが、だいたい7〜20%ほどとなります。

 

幾つかの例をあげてみると、ソニー損保と三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保が10%の割引となっています。損保ジャパン日本興亜は年齢別に設定されていて、21歳以上保証なら7%、26歳以上と35歳以上補償だと12%の割引率です。SBI損保に関してはなんと20%も最大で割引されます。

 

こうしてみると、無事故無違反で運転することがどれだけ家計にやさしいかが分かります。保険料を少しでも下げるために安全運転を心がけるようにしましょう。

 

自動車保険を安くする簡単な方法

保険の設定内容や、上記のように安全運転をしていることが認められているかどうかによって、保険料はだいぶ変わります。とはいえ他にも保険料を安くするワザがあります。それは保険料の見直しを一括見積もりサービスで行うことです。見直しをするのは保険料節約のためにこれまでも強調されてきた事ですが、一括見積もりサービスを使うとそれがとても容易になります。

 

複数の保険会社の見積もりを取ることで、どこが安いのかがすぐに分かるようになり、次回の切り替えタイミングでお得な料金に変更させることが可能です。全ての保険会社に逐一確認するのは手間がかかりますが、こうしたサービスではそれが数分でできてしまうのでとても便利です。

 

あるサービス業者によれば、平均して約3万円の節約効果があったということなので、試す価値は大いにあります。