自動車保険の掛け金を比較

自動車保険の掛け金を比較

 自動車保険は会社ごとにどれくらい違うの? 

自動車保険の掛け金を比較

自動車保険には強制的に加入させられる自賠責保険の他に、任意で加入するかどうかを決められる任意保険が存在します。

 

保険会社は自動車保険として様々な商品を展開していますが、できる限り保険料・掛け金を安くしたいのが一般ユーザーの願いです。

 

とはいえ保険会社はたくさんあってどれを選んだら良いのかなかなか分からないものです。

 

補償内容は充実させたいけど、それで高くなりすぎると困るという人はたくさんいます。そんな時に保険会社を選ぶのに役立つサイトが、自動車保険一括見積もりサービスです。インズウェブや価格.comなどいろいろな種類がありますが、こうしたサイトでは複数ある保険会社の補償プランを一括で見積もり依頼することが可能です。

 

郵送による場合は多少時間がかかりますが、リアルタイムで保険料を表示してくれるところもあります。いちいちそれぞれの会社で入力作業をするのはとても時間がかかります。でもこのサービスを使えば入力は一度で済んでしまいます。

 

そしてここが大きなポイントですが、保険料を今よりも安くできるお得な保険会社や契約内容、価格相場を比較しながら見つけやすいというメリットがあります。保険会社も競合していて顧客の獲得が重要です。ですから保険料も一定ではありません。自動車保険一括見積もりではこれらの保険会社を比較することでリーズナブルな商品を見つけやすいのです。

 

 自動車保険の掛け金比較事例 

では実際に一括見積もりをした場合の事例を見てみましょう。

 

あるユーザーは価格.comで8社ほどから見積もり例を取得しました。設定内容としては対人補償と対物補償が無制限にしてあり、人身傷害補償が3,000万円、搭乗者傷害と車両保険については設定なしでした。あとは年齢は30代半ばで走行距離の設定は1万キロ超15,000キロ以内という、ごくごく普通の設定内容です。この条件だと一番安いところではSBI自動車保険が約13,000円なのに対し、ソニー損保では約22,000円という結果になりました。その差は約9,000円となっています。

 

SBIに関しては比較的評判が良いのですが、見積もり額ベースでこれだけの差が出るという事です。

 

こうしてみると、もし自動車保険一括見積もりサービスを受けなければ分からなかったかもしれないような料金プランや相場が他と比較しながら見つけられるということで、あらためてこのサービスの有用性が確認できます。

 

ちなみにこのサービスを使って候補を絞り、最終的に公式HPから最終設定をすると、保険会社独自の特約を細かく設定できるなど使い勝手も良いのでおすすめです。