従来の代理店自動車保険と通販型自動車保険の違い

従来の代理店自動車保険と通販型自動車保険の違い

従来の代理店自動車保険と通販型自動車保険の違いは、料金が大きく違っています。代理店形式は、代理店がかなりの手数料を得るシステムとなっているので、その分どうしても値段が高くなります。通販型であれば、ネット上での取引となるので、人件費などがほぼかからず、安くすることができます。

 

さらに、通販型の場合、日本に代理店を置きにくいような外国の保険会社も参入しています。その分競争が激しいので、値段を安くしたり、特色を出したりと色々と工夫されていることが多いと言えるでしょう。

代理店にすすめられたり、付き合いという理由で保険に加入していたら注意!

従来の代理店自動車保険と通販型自動車保険の違い

から本日までに自動車保険の新規申し込みを検討した人は16名いました。
インズウェブ

無料!一括見積り「インズウェブ」で、自動車保険の一括見積り。利用者が500万人を突破し、最大20社、最短5分でリアルタイムにかんたん一覧比較ができます。車の型式だけで見積もりが可能ですし、保険を節約するのならご参考ください。条件によって保険料も微妙に違ってきますのでどこの保険会社がよいかは車の装備やグレード、加入者の年齢などによって大きく異なります。

最短5分で一括見積もりが可能

車の型式だけで見積もりが可能

利用者500万人突破の実績

保険スクエアbang

自動車保険の見積もりが無料で取り寄せることができます。各社の自動車保険の保険料を比較もできて、ネットでそのまま契約できます。自動車保険の保険料は、年齢や車の用途によっても大きく異なりますので実際のリアルな年齢別の保険料試算結果も公開しています。

250万以上の利用実績

最大21社の中から見積もりゲット

見積もり後に1秒で保険料の試算


ズバット自動車保険比較

ズバット自動車保険で保険料が安くなった人は沢山います。大体の平均金額は、約2万5千円です。毎年同じ保険会社で更新している場合、実は、保険料を無駄に払っている場合もありますのでこれを機会に検討してみると良いと思います。

見積結果は一覧でメール

厳選21社から見積り

電話での見積もり相談あり

 

 

保障内容の質自体は、特に代理店自動車保険も通販型自動車保険も違いはないとされています。

 

事故が起こった際には、24時間対応を行ってくれ、ちゃんと保険金も支払われます。

 

大きな違いとしては、直接顔を合わせるかどうかという点があります。

 

代理店の場合、代理店の人などと直接顔を合わせて説明してもらったり、質問したりすることができます。

 

細かい条件を聞くことができたり、見落としてしまうことなどが少なくなるので、そういったメリットが代理店自動車保険にはあるとされています。さらに、代理店自動車保険は、更新の時にお知らせなどを郵送で送って知らせてくれる点が良いと言えます。

 

更新を忘れっぽい人などは、代理店自動車保険の方が忘れずにすんでよいと言えるでしょう。

 

このように、代理店自動車保険にもメリットがあり、通販型にもメリットがあるので、どちらか自分に合っていると思える方の自動車保険を利用すると良いと言えます。