車両と走行環境を確かめよう

車両と走行環境を確かめよう

 自動車保険料はいろいろな要素で変動する 

車両と走行環境を確かめよう

毎年支払う保険料の値段を見て悩む人はたくさんいます。万が一のための補償として欠かせない任意自動車保険だと分かっていても、数万あるいは10万円近くにもなるような自動車保険料は家計にとって大きな負担です。

 

保険料を少しでも節約しようとして、いろいろな会社の保険料を見積もる人はたくさんいますが、保険料に関係する要素は、年齢や加入年数、補償内容などたくさんあります。ここではそのうち車両と走行環境に関するポイントをまとめてみたいと思います。

 

 車両のタイプや乗り方で保険料は上がりも下がりもする 

よく5ナンバー車とか3ナンバー車という言葉を耳にすることがあります。ナンバープレートには車ごとにその記載がされていて、車のサイズごとのカテゴリ分けがなされています。1ナンバーや2ナンバーだと大型の車になってきますし、3ナンバーは5ナンバーよりも小型です。実はこの車両情報は保険料に影響します。

 

簡単に言えば1や2や3ナンバーの車は他の普通車に比べて保険料が高くなります。また排気量が多い車も保険料が上昇傾向にあります。一概にどのナンバープレートのどれくらいの排気量が保険料いくらと事細かに統一して決められているわけではありませんが、傾向としては大型&大排気量の車は高いです。

 

少し細かい話をすると、車の保険料は車両料率クラスによって左右されます。車の車種は9つほどのクラスに分けられていますが、小さいコンパクトカーなどは低いクラス、スポーツカーや高級車は高いクラスに設定されています。そしてこの車両料率クラスには4つの基準が設けられています。対人と対物、傷害(搭乗者傷害と人身傷害)、そして車両保険です。

 

それぞれの基準において1〜9までの数字が設定されています。例えばプリウスZVW30型式ならば、対人が4で対物も4、障害が5、車両も5という感じです。簡単に言えばこの数字が高いほどその車での交通事故リスクが高いとみなされているということです。

 

この料率クラスは普通乗用車やコンパクトの場合で、軽自動車はまた別ですが、クラスがどう設定されているかで保険料が4倍ほど変わってくるなど重要な項目です。ですから自分の車両クラスがどれくらいか確認してから自動車保険の見直しをするようにしましょう。もうひとつ車の乗り方も保険料に左右します。

 

使用目的が業務なのか通勤なのかレジャーなのかによって保険料は変わります。使っている車をどの用途で用いるかをはっきり知っておくことも保険料設定のポイントとなります。