家族で加入できる自動車保険

家族で加入できる自動車保険

 自動車保険の適用対象を把握しよう 

家族で加入できる自動車保険

自動車保険の加入は、車を運転している人すべてにとって非常に重要な項目です。

 

どんな場合にも対応できるように保険の内容を最大限に手厚くできれば理想的ですが、実際は家計への負担などを考えると出来るだけ余計なプランは除いて保険料の節約を図りたいところです。

 

例えば運転する人を限定するなど工夫すればそれが可能です。

 

というわけで自動車保険の家族限定特約についていくつかのポイントを解説します。家族限定特約を適用すると、運転手の範囲が限定されるわけですから、事故のリスクもそれに見合って限定されます。ですから保険会社は保険料をその分安価にしてくれます

 

この家族限定特約には、家族全体に限定するものや自分と配偶者だけに限定するものがあり、後者の場合だとより安価にすることができます。

 

家族限定特約では同居親族だけでなく、別のところに住んでいる子どもにも適用されるというメリットもあります。婚姻歴がない未婚の子であることが条件ですが、親子の間で車のシェアが可能になるため便利です。

 

普段一人暮らしをしている子どもが実家に帰ってきた時に車を運転させるというのもOKなので使い勝手が良いです。ではもし家族がバイクに乗るという場合、家族で加入できるお得な保険プランはあるでしょうか?

 

 お得なファミリーバイク特約 

自動車のみならず、原付バイクなどを保険に含めるファミリーバイク特約というプランも用意されています。この特約をつけると、契約した車を主に使用する記名被保険者とその家族が原付に乗る場合にも補償が効きます。このプランには「人身タイプ」と「自損タイプ」とがあります。

 

対人・対物賠償事故の補償と人身傷害事故の補償が適用されるのが人身タイプで、自損事故だけが適用されるのが自損タイプです。

 

もし家族の誰かが自動車保険に加入していて、その人の家族が125CC以下のバイクに乗るという場合、通常の保険料よりも費用がだいぶ安価になります。通常だと年間で数万円から〜10万円近くかかる可能性がありますが、このファミリーバイク特約を使えば、補償内容によってはその10%ほどで保険料をまかなうことができるのです。しかもその補償内容は任意のバイク保険とさほど変わらないということもあり、家族で保険料を節約するうえでは大きなメリットがあります。

 

2つのタイプによって、事故で死傷した場合の補償内容がいくぶん違いますが、いずれにしても家族がバイクに乗るという場合は、このファミリーバイク特約をつけることで家計への負担がやわらぎます。