従来の代理店自動車保険と通販型の自動車保険の申込方法の違い

従来の代理店自動車保険と通販型の自動車保険の申込方法の違い

従来の代理店自動車保険と通販型自動車保険の申し込み方法で大きく違っているのが、手間の違いです。代理店自動車保険の場合には、ディーラーや代理店の人が説明を行ってくれるので、座っているだけで大体の説明を聞くことができます。
どの特約を選べば良いかなども、家族構成や使う人の情報を伝えておくと、それなりに良い特約を紹介してくれ、

 

すべてお任せで自動車保険に入ることができます。

 

しかし、通販型は自分で色々と特約を調べる必要がありますし、記入する内容なども自分でよく気をつけて書いていかなければなりません。

 

逆に言うと、代理店自動車保険では、すべて代理店の言う人の言いなりになりやすいという部分もあります。

 

ほぼすべて任せるような形になりがちなので、高い契約を結んでしまったり、あまり使わない特約を薦められて入ってしまうこともあります。通販型の自動車保険なら、そういった細かい条件をよく調べ、他社とじっくり比較したりすることができますし、ちゃんとした会社かなども検索して調べることができます。

 

また、代理店の利点として、質問などを自由に行えるというメリットがよく挙げられます。やはり細かい条件の確認を行っておきたかったり、色々と規定が多いので、この場合はどうなるのかなどの質問が出ることが多いです。そういった時に、代理店だと簡単に質問することができ、ちゃんと理解するまでよく説明してくれるので、良いと言えるでしょう。

 

通販型の場合、電話やメールで質問を受け付けてくれるので、それで事足りるということもありますが、やはり面と向かって質問などをしておいた方が理解度は高いと言えるでしょう。このように、代理店自動車保険と、通販型自動車保険には、申し込み方法に少し違いがあるので、そこを把握してから申し込みを行った方が良いと言えます。