保険料が安くできる自動車保険

保険料が安くできる自動車保険

保険料はもっと安く出来る!見直しのススメ

保険料が安くできる自動車保険

「自動車保険料をこれ以上安価にするのは難しい」そう思っている人は意外と多いかもしれません。

 

以前の代理店型のものと違い、最近ではお得なダイレクト自動車保険というものが流行っています。

 

いわゆる「通販型自動車保険」というタイプですが、代理店型と比べるとかなりお得な保険料になっているので、すでにこの保険に入っている人はそれだけで保険料が低いほうといえます。

 

でも契約をめぐる状況というのはしばしば変わってくるものなので、保険料の見直しを定期的に行うことはよいことです。いくつかそういう例をあげてみたいと思います。まずは家庭環境の変化による限定特約の変化です。

 

例えばこれまで子どもたち2人と一緒に同居していて、家族限定特約を申し込んでいたとします。でも子どもも独立してもう実家の車を使わないという場合、今まで家族限定だった特約をもう少しせばめて配偶者限定ないしは本人限定特約に変えることができます。この場合だけでも年間保険料が数千円変わってきます。

 

また年齢条件を変更することでも保険料は下げられます。これまで子どもの年齢にあわせて全年齢などに条件を引き下げていたという場合でも、子どもの独立を機に35歳以上の補償などに引き上げることが可能です。それだけで保険料が数万円以上変わることもありえます。

 

このように運転する人の範囲や年齢を動かすことで保険料を節約するチャンスはあるのです。

 

例えば「搭乗者傷害保険」と「人身傷害保険」という補償内容がかぶっているオプションに関しては、搭乗者傷害保険をなくすという選択をすれば保険料は下がります。

 

他にももし車両保険加入を考えているのなら、一般タイプではなく補償適用範囲を若干狭めたエコノミータイプを選ぶとよいでしょう。単独事故や当て逃げ、自転車との接触が補償されないなど制限が多少ありますが、必要を感じない場合には取り除いてしまえます。

 

また免責金額を設定することで保険料をやはりカットできます。

 

補償内容をいじらなくても保険料を安くする方法

現在の補償内容を特に変えたくないという場合でも、保険料を引き下げることは可能です。

 

その方法のひとつは一括見積もりサービスを利用して、複数の保険会社に契約プランを試算してもらうことです。会社は競合していますから、価格競争があって顧客を多くゲットしたいと考えています。保険会社を比較してみることで今よりも安い費用で契約できる可能性を模索できます。

 

もちろんこの場合会社に1つ1つ確認していくこともOKですが、それだと手間が掛かるので一括見積もりサービスを利用してまとめて依頼が出すととても楽です。見積もりをかけるだけで何万円もの差が出ることに気づく場合もあるでしょう。

 

自動車保険は1年ごとに契約しているという人は多いですが、毎年こうしたサービスを使って、保険料節約の機会を失わないようにしましょう。