自動車保険の見直し

自動車保険の選び方と比較すべきこと

自動車保険の更新をお考えでしょうか?クルマの買い替えや新車購入などで保険の事を思い出す人が多いと思います。自動車保険業界も価格競争になってきていて、保険料を下げている会社が沢山あります。もし、今自動車保険が高いなと感じていたらこれを機に見直してみると良いと思いますよ。

 

なぜ通販型の自動車保険を利用するかというと、その料金の安さです。はじめて見積もりをした人は「えっ、こんなに安くなるの?」と驚きます。自動車保険の更新を考えてる方は多いと思います。

 

代理店の自動車保険の場合、担当の働き一つで対応が変わってしまうので、運悪くいい加減な人に出会った場合、不満となることも多いと聞きます。このように専任がつくことが逆にデメリットになることもあります。

 


代理店にすすめられたり、付き合いという理由で保険に加入していたら注意!

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

から本日までに自動車保険の新規申し込みを検討した人は16名いました。
インズウェブ

無料!一括見積り「インズウェブ」で、自動車保険の一括見積り。利用者が500万人を突破し、最大20社、最短5分でリアルタイムにかんたん一覧比較ができます。車の型式だけで見積もりが可能ですし、保険を節約するのならご参考ください。条件によって保険料も微妙に違ってきますのでどこの保険会社がよいかは車の装備やグレード、加入者の年齢などによって大きく異なります。

最短5分で一括見積もりが可能

車の型式だけで見積もりが可能

利用者500万人突破の実績

保険スクエアbang

自動車保険の見積もりが無料で取り寄せることができます。各社の自動車保険の保険料を比較もできて、ネットでそのまま契約できます。自動車保険の保険料は、年齢や車の用途によっても大きく異なりますので実際のリアルな年齢別の保険料試算結果も公開しています。

250万以上の利用実績

最大21社の中から見積もりゲット

見積もり後に1秒で保険料の試算


ズバット自動車保険比較

ズバット自動車保険で保険料が安くなった人は沢山います。大体の平均金額は、約2万5千円です。毎年同じ保険会社で更新している場合、実は、保険料を無駄に払っている場合もありますのでこれを機会に検討してみると良いと思います。

見積結果は一覧でメール

厳選21社から見積り

電話での見積もり相談あり

 

また、自動車保険は、車の買い替えだけではなく、結婚や引越、転職時にも見直しをする人が多いようです。同じ保障内容で節約になることが多い自動車保険ですから、一括見積もりなどのサービスを利用して後悔しない自動車保険選びをすることがベストです。節電や禁煙で節約するよりも、一括見積もりなどのサービスを利用して最安の自動車保険会社を見つけてみるのも一つの選択肢です。

 

 

自動車保険の意義と種類

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

毎日のように使う車はとても便利ですが、一歩間違えれば命を奪ったり大きなケガにつながったりする怖いものでもあります。

 

自分が事故を起こして相手やその家族や友人に損害を与えたり、あるいは単独事故を起こして自分や搭乗者が被害を受けたり、その他にも建物や物を破壊してしまう事も十分ありえます。

 

毎年かなりの人が交通事故によって無くなったり後遺障害を受けたりしますが、事故による経済的なリスクを少しでもなくすために保険は必須となります。

 

自動車保険には大きく分けて2つの種類があります。まず自賠責保険です。これは強制加入保険で、法律でドライバーすべてに加入が義務付けられています。

 

この保険があることで、事故の被害者が必ず補償を受けることができ、加害者被害者双方にとっての保護となります。しかしこの保険のデメリットは、対人保険に限られるということです。対物に関しては補償されません。ですから何かを破壊してしまった場合や、自分や搭乗者がケガをした場合には補償がありません。

 

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

 

また対人補償があるとはいえ、無制限ではなく3,000万円までです。人が死亡した場合の補償額としては低いです。障害については120万円だけです。後遺障害なら等級によって4,000万円ですが、いずにれしろ相手がどんな被害者になるか、どれほどの規模になるか分からないのが交通事故なので、こうした限定補償では心もとないのです。

 

そこで必要になってくるのが任意保険です。任意とあるように自分の必要に応じて自由に補償内容を取り込むことが可能です。この任意保険に入っておくことで、自賠責だけでは不可能な補償範囲をカバーできるようになっています。

 

どんな補償内容があるの?

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

任意保険にはいろいろなオプションがあります。

 

まずは対人賠償責任です。

 

相手側のケガなどに関する賠償をする項目ですが、過失割合に応じて自分の責任分を支払います。

 

自賠責保険による補償分を超えた場合に任意保険でカバーしていきます。対人賠償責任に関しては無制限という設定がおすすめです。無制限であれば予想だにしない損害額のカバーが容易です。

 

対物賠償責任という項目もあります。相手の車や物を補償することです。やはり過失割合によって責任額が計算されますが、対物賠償責任も無制限にしておくことがおすすめです。仮に相手の車が高級スポーツカーだった場合、その損害額はかなりのものが予想されます。建物を破壊した場合はもっとすごい億単位の話になるかもしれません。ですから無制限設定が良いのです。

 

ちなみにこれら2つの項目は「対」とあるように、相手方の損害補償です。自分に関しては補償はありません。ですから自分や家族を守るためにはそれをカバーした項目に加入することも大事です。

 

それで言うと人身傷害保険は欠かせません。契約している車両で事故が起きた場合、乗っている本人や同乗者の死亡やケガや後遺障害に関して補償がされます。もしこちらが被害者の場合でも、過失割合が10:0になることはなかなかありません。もし9:1となった場合、1割分の被害は自己負担となります。そうなると不必要な痛い出費が生じます。これが6:4とか7:3であればその割合はもっと高くなります。

 

こういう場合に活きてくるのが人身傷害保険です。この保険は過失割合に関係なく適用されるので、自分や搭乗者の被害に対する補償が可能です。自損事故の補償もあります。また車両内外両方で適用させることも契約内容によって可能です。

 

この場合例えば契約車両の外、つまり自転車を運転中とか歩行中の場合でも補償がされます。人身傷害を3,000万円に設定する人はたくさんいますが、無制限にすることも可能です。搭乗者傷害保険という項目もあります。こちらは人身傷害保険と被っているところがあり必要性については賛否両論です。車両外での補償が搭乗者傷害に関しては無いという違いがありますが、だいたいは同じです。こちらはニーズに合わせて選択できます。

 

別の注目したい項目は無保険車傷害保険です。相手が任意保険に入っていないとか、補償額が十分じゃないとか、年齢条件がアウトで保険が適用されないなど、相手方の不備がある場合に泣き寝入りするのは絶対避けたいですが、そんな時の味方がこの無保険者障害保険です。加害者が被害者の家族とか、被害者が死亡あるいは後遺障害が残った時、車やバイク関連の事故以外では適用されないという制限はありますが、いざという時の心強い味方になります。

 

これらに加えて車両保険があります。車両保険は自分の車両は、相手の有無に関係なく自分の車の被害を補償してくれるものです。盗難やいたずらも含まれます。飛び石も補償されるのでカバー範囲は広いです。日本損害保険協会によると、この項目に加入率は半数を少し下回る程度です(43%。2014年度)。

 

ただ車両保険をつけると保険料がそれなりに高いので、入るか入らないかは車両の価値によります。もし高級車に乗るのなら盗難の可能性が高いですし修理費もかさみます。ですから入る価値はあります。一方もう廃車にするような車であればいらないとも言えます。自分の車の価値がどれくらいかによって判断しましょう。ちなみに車両保険でも、地震や噴火や津波による破損はカバーされない場合があるので注意しましょう。

 

このように補償内容には実にいろいろな種類があります。当然のことですが、補償内容を厚くすればするほど基本的に保険料は高くなります。万が一のために補償を厚くしたいのはやまやまですが、保険料支払いとのバランスで考える必要があります。

 

保険料はどんな要素で変わってくる?

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

自動車保険の保険料は上記のように補償範囲の広さとその補償額とによって大きく左右されます。しかし保険料に影響を与えるのはそれだけではありません。

 

他の要素についても簡単に見てみましょう。

 

まず年齢です。年齢が若いほど保険料は上がります

 

例えば免許を取れる最低年齢の18歳と30代の人との保険料はまるで違います。

 

人気のスバル・レヴォーグの場合だと、18歳も運転できる全年齢タイプであれば相場は約20万円です。しかしこれが35歳の人ともなると約37,000円です。その差は5倍ちょっとですから、年齢がいかに大きな要素であるかが分かります。

 

車両のクラスは別の要素です。車には「型式別料率クラス」というものが設定されています。これは簡単に言えば、ある車両の事故リスクがどれくらいかを図る指標です。このクラスには4つの項目があって、対人賠償・対物賠償・傷害・車両の4つに分かれています。それぞれに1〜9の数字が割り当てられますが、9に近づくほどリスクが高いので保険料は高くなります。

 

人気のコンパクトカーが4つの項目すべてで比較的数字が低いのに対し、スポーツカーなどは高めに設定されています。この料率クラスは年に1回見直しているので、自分の車両に関して上がる可能性があります。そうなれば保険料もあがってしまいます。

 

やんちゃな車や高級車に乗っているのであれば、この車両情報も保険に関係してきます。他にも加入年数によって上がっていく等級制度や、運転する人の対象範囲、ゴールド免許かどうかといったことでも保険料は変わってきます。

 

保険料を下げるには:運転者限定特約をつけるとお得!

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

では補償内容を下げ過ぎないのを意識したうえで保険料を下げるにはどうしたら良いでしょうか?

 

いくつか方法がありますが、まずは限定特約というものをつけるというものです。

 

これは運転する人の保険カバー範囲を狭めるという特約です。ある車をだれでも運転できるようにすると、その分事故リスクは高まります。しかし限られた人だけが運転するような設定にすればリスクは減少するので、保険会社はその分保険料を安くしてくれます。例えば家族しか運転できないようにする「家族限定特約」というプランがあります。

 

契約者(記名被保険者)とその配偶者、同居している親族、別居している未婚の子どもなど限られた人たちだけの運転による事故をカバーするものですが、他人をカバーしない分お得です。この限定プランをさらにお得にするのが「夫婦限定特約」です。家族の中でも夫婦のみを対象にすることで保険料はさらに安くなります。

 

そしてさらに「本人限定特約」にして自分だけを対象にした場合は一番安くなります。このように運転者を限定することで保険料を節約できます。また運転者の年齢条件を設定する方法もあります。上記のように年齢が低いほど保険料は高いです。保険会社は一定の年齢以上の人を補償対象とする場合に保険料を安くするプランを持っています。

 

よくあるのが「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」「35歳以上」という条件設定です。21歳以上の設定よりも35歳以上の設定が安くなります。ですからもし運転する人の年齢が全員40歳以上であるという場合などは、この条件を当てはめると節約になります。

 

子どもが家を出て運転者の平均年齢が上がったという場合などに年齢条件を引き上げると効果的です。子どもが未婚で別居している場合は、年齢条件設定に関係なくその子どもを補償対象にできます。世帯状況の変更や誕生日を迎えるタイミングでこうした運転者限定特約を活用して保険料を下げる工夫をしましょう。

 

保険料を下げる方法:自動車保険一括見積もりサービスを活用しよう!

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

場合によっては特に運転者限定特約の状態による保険料引き下げが現実的ではないこともあるでしょう。例えば既に本人限定で、年齢設定も35歳以上のものである場合などです。

 

こういう場合は等級が20等級などマックスになってくること、車両クラスの変更、補償内容の変更、ゴールド免許の取得などによって保険料引き下げを図ることができますが、特に変更できる項目がない場合はどうでしょうか?

 

そういう場合でも保険料を安くすることは可能です。その方法は「自動車保険一括見積もりのサービス」を利用することです。このサービスを展開しているサイトでは、「インズウェブ」「価格.com」「保険スクエアbang!」「ズバット自動車保険一括見積もり」などがあります。

 

このサービスの特徴は、一度にまとめて複数の保険会社に、指定した補償内容での保険料を見積もってもらえる事です。もちろん会社ごとに見積もってもらってもいいのですが、手間がかかるため忙しい人にとってはなかなか出来ない事ですし、保険を今すぐ変えるわけではないにしろ相場を見てみたいという場合もあるでしょう。そういう時にものの数分で一括見積もり依頼ができてしまうのでとても便利です。

 

インズウェブというサイトの例では、利用者は900万人を突破しているほどの人気で、利用者によると平均で約3万円の節約達成ができたということで、利用する価値が高いことが分かります。

 

自動車保険一括見積もりサービスを使った実例

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

実際の保険料見積もりのケースを見てみましょう。現在の保険の切り替えを考えたケースになっています。使った車種はホンダフィット(GD4)です。

 

初度登録は平成28年3月の設定にしてあります。年齢は33歳でゴールド免許取得、契約の満期日が平成29年5月1日、補償内容は「対人無制限」「対物無制限」「人身傷害3,000万円」「搭乗者傷害1,000万円」「車両保険なし」の設定になっています。

 

そうすると6社ほどの会社の見積もりが取れましたが、高いところでは40,640円なのに対し、安いところでは20,860円(チューリッヒ)でした。約2倍の差が出ています。ちなみに安さで有名なSBI損保では34,550円で、1万円超の差が出ています。

 

一つ補足として、SBIでは検索にかけた搭乗者傷害1,000万円がついているのに対し、チューリッヒではこれが除外された結果が出てきました。ですからカバー分が異なるので保険料が違うのも当然ですが、上記のように搭乗者傷害は人身傷害の項目と被っているところがあります。そのため人身傷害に入っていれば搭乗者傷害は必要ないという保険会社もあります。

 

必要性についてはそれぞれのドライバーの意思に任されますが、年間万単位の保険料の違いがあれば、節約したいと考える人もいるでしょう。あるいは搭乗者傷害の必要を感じた上で検索してみた結果、この例のように保険料に大きな違いが出るのを見て、必要性を総合的に考え直したいと思う人もいるかもしれません。

 

自動車保険一括見積もりサービスはこのように、保険料を少しでも安く提供している会社を選ぶため、そして補償範囲の見直しを考えるのに役立つ参考情報としても機能します。利用は無料で面倒な電話勧誘もないので、一度節約のために利用してみるとその価値に気付くでしょう。

 

自動車保険の新規加入については、こちらを参考してください。
車査定についてはこちらを参考に

自動車保険会社 おすすめランキング

SBI損保

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

 

大手比較サイトの「価格.com」により、2016年の満足度ランキングで、総合満足度と保険料満足度においてNo.1を獲得したのがこのSBI損保。

 

代理店型の自動車保険に比べると、ダイレクト型自動車保険は大幅に低価格で利用できるのが大きなメリット!

 

オリコン日本顧客満足度ランキングの保険料の部門で、なんと8年連続で一位に輝いているということからも、SBI損保のサービスの満足度の高さが伺えますよね!

 

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

 

あいおいニッセイ同和損保

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

 

最近合併で誕生した損保ですが、三井住友海上とが一体となって、「MS&ADグループ」として一気に業界のトップクラスにランクアップ!

 

「車両全損時定額払特約」をセットすることが可能であるのは大きな特徴となっています。

 

契約した車が地震や噴火、津波で全損となった時に定額で50万円を支払ってもらえるというのはうれしいサービスですよね!

 

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

 

日新火災海上保険

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

 

3メガ損害保険会社の1つと数えられている東京海上グループの会社である日新火災海上保険は補償内容やサポート体制が良く、事故対応力が評価されていることに注目です!

 

保険会社は企業の安定感は非常に重要な要素と言えますが、日新火災海上保険は第3者機関による格付けでは2016年において「AA」を冠したことは大きな安心材料と言えます。

 

交通弱者補償特約という、歩行者や自転車を乗車している人など、事故に関して被害を多く受けやすい人への補処を意識していることも大きな特徴と言えるでしょう。

 

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

 

アクサダイレクト

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

 

外資系で、代理店型ではなく通販型(ダイレクト自動車保険)ということから不安に思われがちな側面もありますが、実際の所は世界的企業で、会社の信頼度については大きく評価できる自動車保険会社がこのアクサダイレクトです。

 

補償内容を下げずに保険料を下げたい人にもおすすめで、インターネットで申し込むと最大で1万円の割引が効くことは大きなメリットですよね。

 

事故対応も年間で10万件近くと充分な実績があるため、通販型であることが不安というのは杞憂に過ぎないというのがわかるのではないでしょうか?

 

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

 

三井ダイレクト損保

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

 

三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険の入る「MS&ADインシュアランスグループ」の損保なので、損保ではトップクラスのグループの一因である三井ダイレクト損保です。

 

インターネットから手続きをすると最大で10,500円安くなるなど、顧客にうれしいサービスをいろいろと展開しています。

 

新車割引制度、ECO割引など、割引の多様性もこの三井ダイレクト損保の魅力となっています。

 

<自動車保険の見直しでこんなに保険料が安くなる!>方法はこちら

 

 

更新履歴